グローバルファンド増資準備会合 12月東京開催が決定

この記事の掲載日 : 2015年03月16日(月) この記事のカテゴリー : ,


Share on LinkedIn

日本政府は本日、グローバルファンドの第5次増資準備会合(注)を、本年12月17日に日本主催の会合として東京で開催することを発表しました。アジアで初めてのグローバルファンド増資関連会合となります。

安倍総理大臣-”日本はファンドの発展に邁進”

夕刻に国連大学で開かれた国連創設70周年記念シンポジウムにおけるスピーチで安倍総理大臣は、「人間の安全保障」の理念に基づく日本の開発援助政策を強調し、教育や女性、ユニバーサルヘルスカバレッジなどともに、感染症とグローバルファンドに触れ、「エイズ、マラリア、結核という三大感染症撲滅を目指した、グローバル・ファンドの発足と、発展に、日本は邁進しました。今年も日本は、ファンドに1億9000万ドルを拠出し、12月には東京で、ファンドの未来を語り合う会議を開きます。」と述べました。

12月の増資準備会合には、世界各国からドナー国政府代表、実施国(支援を受け入れる国)の政府代表、NGO、企業、民間財団、国際機関などが一堂に会し、感染症対策の資金ニーズや調達の目標、エイズ、結核、マラリアの流行の終息に向けての戦略などを議論する予定です。2016年の第5次増資に向けて重要な一里塚となることが期待されます。

前日にシンポジウムを開催

グローバルファンド日本委員会を運営する日本国際交流センターでは、この増資準備会合のために政府や民間の国際保健分野の専門家が一堂に来日する機会を活かし、前日の12月16日に国内外のパートナーとともに国際シンポジウム“Achieving the Grand Convergence: Universal Health Coverage in the New Development Era” (仮称)を開催します。

新しい国連の開発目標が9月に採択されて間もない時期であることから、新しい目標における健康課題の位置づけ、その解決に果たすユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)の役割を再確認します。また、高齢化等の変化の中でも公平で持続性のあるUHC制度構築を支援するための国際戦略について議論し、2016年の日本のG7/8サミットに向けて、グローバルヘルスに関わる議論に貢献で きるよう願っています。

グローバルファンドプレスリリース 和文 | 英文
安倍総理大臣スピーチ 国連創設70周年記念シンポジウム
外務省プレスリリース 和文 | 英文


(注)グローバルファンドは、3年に一度の「増資」で、中低所得国の三大感染症対策に必要とされる資金を調達しています。増資サイクルは、向こう3年の間の感染症対策の資金ニーズや資金調達目標を話し合う「増資準備会合」と、各国政府や民間ドナーが実際に資金拠出を約束する場である「増資会合」の2段階で構成されています。いずれの会合も、ドナー各国の回り持ちで開催されています。

設立以来これまでに4回の増資が行われました。第3回増資では91億米ドル、第4回増資では120億米ドルの資金が誓約されました。次回は2017~2019年の資金を調達するための第5次増資会合が2016年に予定されており(開催地未定)、その約1年前に増資準備会合が東京で開かれることになります。

2013年12月 第4次増資会合での日本の拠出について
2010年10月 第3次増資会合について