An initiative by
JCIE ロゴ
Search
Close this search box.
フォローする:
日本の力を結集して世界とともにエイズ・結核・マラリアのない未来をつくる
ナイジェリアでエイズと戦い、エイズと戦う人の支援をするメンターマザーの動画
日本政府 グローバルファンドへの拠出誓約 TICAD8にて岸田総理より発表

ニュース

感染症を知る

エイズ、結核、マラリアは、現在、年間約250万人の命を奪い、「世界の三大感染症」と呼ばれています。21世紀に入り、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(略称:グローバルファンド)をはじめとする多くの国際的な支援が強化された結果、ピーク時に比べると亡くなる人の数はおよそ半減しましたが、いまだに多くの低・中所得国で主要な死因の一つであり続けています。[感染症を知る―なぜ、エイズ・結核・マラリアか?
さらに2019年末に始まった新型コロナウイルス感染症は世界中に拡大し、人々の命や生活、社会・経済に深刻な影響を与えています。

結核

結核とは、結核菌という細菌が、主に肺に起こす感染症です。 [詳しく知る]

マラリア

マラリアとは、病原体であるマラリア原虫をもった蚊にさされることで感染する病気です。[詳しく知る]

エイズ

エイズとは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染することで起こる病気の総称です。 [詳しく知る]

COVID-19

新型コロナウイルス(SARS-CoV2) が咳や飛沫を介してうつる病気です。 [詳しく知る]              

保健システム強化

三大感染症を終わらせるには、保健人材、保健医療情報、医薬品の管理・供給網、検査ラボ、コミュニティの対応力など、多様な分野で体制強化が必要です。

グローバルファンドとは

グローバルファンド日本委員会が支援するグローバルファンドは、スイスに本拠を置く感染症対策の国際機関です。正式名称を「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」といい、低・中所得国の三大感染症対策と、その基盤となる保健システム強化の支援を目的としています。2020年からは新型コロナウイルス感染症も時限的にその支援対象に含めています。

グローバルファンド日本委員会(FGFJ)とは

グローバルファンド日本委員会(FGFJ)は、世界エイズ・結核・マラリア対策基金( グローバルファンド)を支援する民間のプロジェクトです。感染症の流行を収束させるために日本の官民双方の国際貢献を強化すべく、政府、学界、市民社会、経済界などの有識者や、超党派の国会議員の参加を得て、政策対話、意識啓発、調査研究などを行い、日本とグローバルファンドとの連携を促進しています。2004年に日本国際交流センターのプロジェクトとして開始されました。

FGFJの6つの活動領域

グローバルファンド日本委員会では、政策形成への貢献、議員の参画支援、メディア、企業、市民社会との連携促進、各種イベントによる意識啓発を行っています。もっと読む

ハイライト

国際会議から調査研究、ドキュメンタリーフィルムの制作まで、FGFJのプロジェクトのいくつかをハイライトしてご紹介します。もっと読む

ライブラリー

グローバルファンド日本委員会の主な刊行物、グローバルファンドが発行する年次レポートや和訳のある資料をご紹介しています。もっと読む

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

【グローバルファンド 馬渕俊介 保健システムおよびパンデミック対策部長へのインタビュー記事(前編)掲載のお知らせ💡】
パンデミックを二度と起こさないために...世界の「感染症対策」の現在地 voice.php.co.jp/detail/10943 via @php_Voice
分かりやすく解説されています。ぜひご一読ください!
... 続きを読むもっと読む

2 weeks ago

気候変動は、私たち人間の健康と暮らしに多大な影響を及ぼしています。
HIV、結核、マラリアと闘い人命を救う、
すべての人にとってより健康で安全かつ公平な世界を築く、というグローバルゴールにとって重大な脅威となっています。
#アースデイ #EarthDay

国際保健機関が集まるグローバルヘルスキャンパスにて、明日より第51回グローバルファンド理事会が開催されます。グローバルファンド日本委員会もオブザーバーとして参加しています。

サブサハラ・アフリカ地域17ヵ国に最新式の蚊帳5,600万張を導入、これまで推定1300万人のマラリア感染を防ぎ、24,600人の命を救っています。
最先端のツール(蚊帳)への投資価値を実証する結果となりました。マラリアとの闘いに更なる進展をもたらすことが期待されます。

超大型サイクロン被害からの復興半ば、気候危機に対応しうる保健システムの構築が急かれるマラウイのチポンダ保健大臣と逢沢一郎@ichiroaisawa 衆議院議員・グローバルファンド日本委員会議員タスクフォース共同議長、古川元久@Fullgen 衆議院議員・同共同議長ら国会議員が意見交換を行いました。