私達の世代で世界三大感染症を克服する。

名称変更とウェブサイトリニューアルのお知らせ

世界エイズ・結核・マラリア対策基金の和文略称が、2014年10月より、「世界基金」から「グローバルファンド」に変更となりました。これに伴い、日本委員会の名称を、「世界基金支援日本委員会」から「グローバルファンド日本委員会」に変更し、ウェブサイトもリニューアルいたしました。

詳しく見る

トピックス

FGFJレポートNo.7を発行

2014年09月12日(金) 

FGFJレポート7号を発行致しました。今回のレポートでは、ジェンダーと感染症の関係、アジアの耐性マラリアに関する2つの寄稿を掲載しました。

アジアの薬剤耐性マラリアと日本

2014年09月12日(金) 

アジアでの薬剤耐性マラリアの広がりが懸念されています。世界基金疾病別委員会のマラリア委員会で委員を務める、国立国際医療研究センターの狩野繁之氏にFGFJレポートNo.7に寄稿していただきました。

FGFJ

地獄から天国への引っ越し

2014年07月07日(月) 

世界基金の戦略投資効果局長、國井修氏の「日経ビジネスオンライン」での連載が再開されました。ユニセフ勤務時代のソマリアやケニアでの活動から現在のジュネーブの世界基金まで、國井先生ならではのエピソードが満載です。

FGFJの活動紹介

感染症への取り組みには、セクターを超えたグローバルな取り組みが求められます。グローバルファンド日本委員会では、日本と諸外国の議会関係者、政府、国際機関、研究者、NGO、財団、メディア、企業の皆様のご協力を得て、以下のような活動をしています。