インドにて グローバルファンド増資プロセスが開始

2019年2月7-8日、インドのデリーにて、グローバルファンド第6次増資をキックオフする会合が開催されました。関係者が一堂に会し、三大感染症の流行を終息させるため国際社会が一丸となって増資を成功させ、感染症との闘いを強化することを誓いました。資金を受ける立場の国が増資関係の会合を主催するのはグローバルファンド史上初めてのことで、インド政府のリーダーシップに称賛が相次ぎました。

詳しく見る

トピックス

トランプ政権に対し声を上げる米議会:超党派下院議員137名の署名はグローバルファンドへの拠出増額に繋がるのか?

2019年02月05日(火) ,

1月下旬、昨年10月の上院議員18名による署名に続き、超党派の下院議員137名がグローバルファンドへの拠出増加を支持する署名をしたことが発表されました。この署名は実際の予算決定に影響を与えるのでしょうか。

日本人とグローバルファンド Vol.4 山本栄二氏

2019年01月23日(水) ,

コラム「日本人とグローバルファンド」の第4回目は、2008年夏から一年半にわたりグローバルファンドの日本政府代表理事を務められた山本栄二 外務省特命全権大使(国際テロ対策・組織犯罪対策協力担当兼北極担当)にお話をうかがいました。

トランプ政権に対し声を上げる米議会:超党派下院議員137名の署名はグローバルファンドへの拠出増額に繋がるのか?

2019年02月05日(火) ,

1月下旬、昨年10月の上院議員18名による署名に続き、超党派の下院議員137名がグローバルファンドへの拠出増加を支持する署名をしたことが発表されました。この署名は実際の予算決定に影響を与えるのでしょうか。

日本人とグローバルファンド Vol.4 山本栄二氏

2019年01月23日(水) ,

コラム「日本人とグローバルファンド」の第4回目は、2008年夏から一年半にわたりグローバルファンドの日本政府代表理事を務められた山本栄二 外務省特命全権大使(国際テロ対策・組織犯罪対策協力担当兼北極担当)にお話をうかがいました。

プレスツアー インドネシアに見る三大感染症の現状

2018年12月14日(金) , ,

グローバルファンド日本委員会では、11月25日~30日にインドネシアでプレスツアーを実施しました。日本より4名の記者が、グローバルファンドの支援を受ける政府や現地NGOのプロジェクトを訪問。日本の税金を含む資金がどのように生かされ、インパクトを与えているかについて取材しました。

プレスツアー インドネシアに見る三大感染症の現状

2018年12月14日(金) , ,

グローバルファンド日本委員会では、11月25日~30日にインドネシアでプレスツアーを実施しました。日本より4名の記者が、グローバルファンドの支援を受ける政府や現地NGOのプロジェクトを訪問。日本の税金を含む資金がどのように生かされ、インパクトを与えているかについて取材しました。

プレスツアー インドネシアに見る三大感染症の現状

2018年12月14日(金) , ,

グローバルファンド日本委員会では、11月25日~30日にインドネシアでプレスツアーを実施しました。日本より4名の記者が、グローバルファンドの支援を受ける政府や現地NGOのプロジェクトを訪問。日本の税金を含む資金がどのように生かされ、インパクトを与えているかについて取材しました。

トランプ政権に対し声を上げる米議会:超党派下院議員137名の署名はグローバルファンドへの拠出増額に繋がるのか?

2019年02月05日(火) ,

1月下旬、昨年10月の上院議員18名による署名に続き、超党派の下院議員137名がグローバルファンドへの拠出増加を支持する署名をしたことが発表されました。この署名は実際の予算決定に影響を与えるのでしょうか。

日本人とグローバルファンド Vol.4 山本栄二氏

2019年01月23日(水) ,

コラム「日本人とグローバルファンド」の第4回目は、2008年夏から一年半にわたりグローバルファンドの日本政府代表理事を務められた山本栄二 外務省特命全権大使(国際テロ対策・組織犯罪対策協力担当兼北極担当)にお話をうかがいました。

FGFJの6つの活動領域

感染症への取り組みには、セクターを超えたグローバルな取り組みが求められます。グローバルファンド日本委員会では、日本と諸外国の議会関係者、政府、国際機関、研究者、NGO、財団、メディア、企業の皆様のご協力を得て、以下のような活動をしています。