TICAD7パートナー事業 スイッチポイント渋谷(8/31)の参加者募集中!

グローバルファンドおよびグローバルファンド日本委員会/JCIEでは、米国のNGOイントラヘルス・インターナショナルとのコラボレーションで、TICAD終了後の8月31日(土)に参加型イベント「スイッチポイント渋谷」を開催します。グローバルファンドのアドボケーツをしているアフリカの若者たちと会ってみませんか? 詳しくはこちらをご覧ください。

(8/15追記)ご要望にお応えし日英通訳が入ります!

詳しく見る

トピックス

「7歳のきみへ」 署名キャンペーンが始まりました

2019年07月30日(火) ,

今、7歳の子どもたちは2030年に18歳になります。それまでに三大感染症の流行を終わらせるために、いま闘いを強化することを子どもたちに約束するレターが公開されました。エルトン・ジョンなどアーティストに続き、誰でも賛同のご署名をいただけます。

「7歳のきみへ」 署名キャンペーンが始まりました

2019年07月30日(火) ,

今、7歳の子どもたちは2030年に18歳になります。それまでに三大感染症の流行を終わらせるために、いま闘いを強化することを子どもたちに約束するレターが公開されました。エルトン・ジョンなどアーティストに続き、誰でも賛同のご署名をいただけます。

「7歳のきみへ」 署名キャンペーンが始まりました

2019年07月30日(火) ,

今、7歳の子どもたちは2030年に18歳になります。それまでに三大感染症の流行を終わらせるために、いま闘いを強化することを子どもたちに約束するレターが公開されました。エルトン・ジョンなどアーティストに続き、誰でも賛同のご署名をいただけます。

プレスツアー インドネシアに見る三大感染症の現状

2018年12月14日(金) , ,

グローバルファンド日本委員会では、11月25日~30日にインドネシアでプレスツアーを実施しました。日本より4名の記者が、グローバルファンドの支援を受ける政府や現地NGOのプロジェクトを訪問。日本の税金を含む資金がどのように生かされ、インパクトを与えているかについて取材しました。

Global Topics Vol.3 「マラリアの最新動向」

2019年04月25日(木) ,

4月25日の世界マラリア・デーに合わせ、Global Topics(グローバル・トピックス)第3号「マラリアの最新動向」を刊行いたしました。マラリアの世界的な発生動向や課題、流行の終息に向けた切り札について概説しています。

トランプ政権に対し声を上げる米議会:超党派下院議員137名の署名はグローバルファンドへの拠出増額に繋がるのか?

2019年02月05日(火) ,

1月下旬、昨年10月の上院議員18名による署名に続き、超党派の下院議員137名がグローバルファンドへの拠出増加を支持する署名をしたことが発表されました。この署名は実際の予算決定に影響を与えるのでしょうか。

FGFJの6つの活動領域

感染症への取り組みには、セクターを超えたグローバルな取り組みが求められます。グローバルファンド日本委員会では、日本と諸外国の議会関係者、政府、国際機関、研究者、NGO、財団、メディア、企業の皆様のご協力を得て、以下のような活動をしています。