グローバルファンド事務局長来日セミナーのお知らせ

  • 2016年10月25日
  • 東京 | 国立国際医療研究センター

この記事の掲載日 : 2016年09月29日(木) この記事のカテゴリー :


Share on LinkedIn

マーク・ダイブル グローバルファンド事務局長来日セミナー

2030年までの三大感染症の流行終息に向けた

グローバルファンドの戦略と日本の貢献

マーク・ダイブル事務局長

マーク・ダイブル事務局長

マーク・ダイブル事務局長の来日に際し、JCIE/グローバルファンド日本委員会では、国立国際医療研究センター、グローバルファンドとの共催で以下のセミナーを開催します。
2030年までにエイズ、結核、マラリアの流行を終息させるとい国際目標に向けて、グローバルファンドはどのような戦略とビジョンを持つのか、また日本の役割はどこに見出せるのか。ダイブル事務局長にお話しいただくとともに、各分野の専門家をパネリストに迎え、日本の専門性や技術力を活かした国際貢献やグローバルファンドとの連携について方向性や方策を探ります。是非ご参加下さい。

日 時 2016年10月25日(火) 13:30~15:30
会 場 国立国際医療研究センター 研修棟5階 大会議室
東京都新宿区戸山1-21-1
国立国際医療研究センターへのアクセス
研修棟5階大会議室へのアクセス
共 催 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
公益財団法人 日本国際交流センター/グローバルファンド日本委員会
言 語 英語
参加費 無料
参加対象 研究者、省庁・政府機関・国際機関・NGO・企業の国際保健分野の実務家
申 込 こちら から事前登録をお願いします。(10月21日金曜日15:00 締め切り)

プログラム

◆開会・趣旨説明
伊藤 聡子 (公財)日本国際交流センター執行理事/グローバルファンド日本委員会事務局長[総合司会]

◆開会ご挨拶
春日 雅人 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター理事長

◆基調講演
マーク・ダイブル 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)事務局長

◆パネル (9月30日現在)
マーク・ダイブル
瀧澤 郁雄   (独法)国際協力機構(JICA)人間開発部次長
石川 信克   (公財)結核予防会結核研究所所長
野崎 威功真 国立国際医療研究センター国際医療協力部 兼 ミャンマー保健省感染症対策アドバイザー
林 玲子        国立社会保障・人口問題研究所国際関係部長
中谷 比呂樹 慶応義塾大学グローバルセキュリティ研究所特任教授、国立国際医療研究センター理事
國井  修    グローバルファンド戦略・投資・効果局長[ファシリテーター]

◆質疑応答

◆閉会挨拶
大河原 昭夫  (公財)日本国際交流センター理事長

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

マーク・ダイブル
世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)事務局長

1992年 米国ジョージタウン大学医学部(免疫学専攻)卒業
1992-1995年 シカゴ大学病院 内科研修医
1995年- 米国立衛生研究所アレルギー・感染症研究所にて医師として勤務
2001-2004年 同研究所 医療部門担当副部長
2003-2004年 米国大統領緊急エイズ救援計画(PEPFAR)の設立を主導
2006-2009年 米国大統領緊急エイズ救援計画(PEPFAR)代表であるグローバル・エイズ調整官(米・国務次官補級)
2009-2012年 ジョージタウン大学オニール研究所 国際保健法プログラム共同ディレクター
2013年1月 グローバルファンド事務局長に就任