議員タスクフォース世界基金支援事業視察(南アフリカ)

  • 2006年6月28日-7月4日
  • 南アフリカ

この記事の掲載日 : 2006年07月30日(日) この記事のカテゴリー :



世界基金支援日本委員会(FGFJ)には、超党派の有志国会議員による議員タスクフォースが設けられています。その事業の一環として、2006年6月28日~7月4日にかけて議員タスクフォースの逢沢一郎衆議院議員(自民党)、長浜博行衆議院議員(民主党)、および世界基金支援日本委員会ディレクター山本正が、南アフリカを訪問しました。

今回の訪問は、世界基金パートナーシップフォーラム併設のドナー国議会関係者のための現地視察に参加したものです。クワズル・ナタール州北西部のHIV感染率が非常に高い地域で、世界基金の支援を受けてエイズ・結核の治療とケアを提供しているケアセンターを訪問し、地域一帯のエイズと結核流行の現状について説明を受け、ケアセンターの活動の詳細を視察しました。また同じくクワズル・ナタール州のピーター・マーリッツバーグでは、HIV陽性者の自宅で、介護ボランティアと、それを支える日本のJICAの青年海外協力隊エイズ対策隊員の活動を視察しました。

経済発展が著しい南アフリカでは、企業が感染症対策のフロントを担うことも多くあります。今回の南ア訪問ではこの点にも着目し、ジェトロ・ヨハネスブルグセンターの平野克己所長よりアフリカ経済と、感染症など健康問題や安全などアフリカビジネスのコストと現地社会から企業への期待についてブリーフィングを受け、また、10,000人を雇用する南アフリカトヨタのダーバン工場、ヨハネスブルグのコカコーラ・アフリカを訪問し、企業が従業員と地域社会の感染症対策にどのように貢献しているか、実地にうかがうことができました。

詳細な報告はFGFJレポートNo.1(PDF:2.3 MB)をご覧ください。

スライドショーには JavaScript が必要です。