An initiative by
JCIE ロゴ
Search
Close this search box.
フォローする:
日本の力を結集して世界とともにエイズ・結核・マラリアのない未来をつくる
ナイジェリアでエイズと戦い、エイズと戦う人の支援をするメンターマザーの動画
日本政府 グローバルファンドへの拠出誓約 TICAD8にて岸田総理より発表

エイズ、結核、マラリアは、毎年230万人以上もの命を奪い、「世界の三大感染症」と呼ばれ、長年にわたり人びとに様々な障害をもたらしてきました。21世紀に入り、グローバルファンドをはじめとする多くの国際的な支援の結果、感染拡大の勢いは低下してきていますが、いまだに多くの低・中所得国で主要な死因の一つであり続けています。[感染症を知る―なぜ、エイズ・結核・マラリアか?]

グローバルファンドは、低・中所得国が自ら行うエイズ、結核、マラリア対策と保健システム強化を支援し、さらに2020年からは新型コロナウイルス感染症も守備範囲に含めています。

エイズ

エイズとは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染することで起こる病気の総称です。

 

結核

結核とは、結核菌という細菌が、主に肺に起こす感染症です。

マラリア

マラリアとは、病原体であるマラリア原虫をもった蚊にさされることで感染する病気です。

保健システム強化

三大感染症を終わらせるには、強靭で持続可能な保健システムが不可欠です。(※準備中)

COVID-19

(新型コロナウイルス感染症)

新型コロナウイルス(SARS-CoV2)が咳や飛沫を介してうつる病気です。

グローバルファンド日本委員会が支援する世界エイズ・結核・マラリア対策基金(略称:グローバルファンド)について紹介します。

感染症への取り組みには、セクターを超えたグローバルな取り組みが求められます。グローバルファンド日本委員会では、日本と諸外国の議会関係者、政府、国際機関、研究者、NGO、財団、メディア、企業の皆様のご協力を得て、様々な活動をしています。

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

「FGFJ Issue Brief/論点解説」創刊しました!
「ルサカ・アジェンダと援助協調の現状と課題」として、グローバルファンドを軸に国際保健における多国間援助の最新動向と日本のグローバルヘルス戦略を長崎大学客員教授の小松隆一氏が解説しています。
ぜひご一読ください。

Image for twitter card

FGFJ Issue Brief「論点解説」 No.1「ルサカ・アジェンダと援助協調の現状と課題」発行しました! | FGFJ - グローバルファンド日本委員会

FGFJ Issue Brief「論点解説」 No.1「ルサカ・アジェンダと援助協調の現状と課題」長崎大学客員教授小松 <a href...

fgfj.jcie.or.jp

馬渕俊介グローバルファンド保健システム・パンデミック対策部長による「パンデミックへの見えざる備え」日本語訳が公開されました
次なるパンデミックの脅威に立ち向かうにはー
どんな感染症であれ国境を越えて拡大する、強固な 保健システムがすべての国において必要不可欠

Image for twitter card

The Path to Pandemic Preparedness Is Hidden in Plain Sight

“Pandemic preparedness and response” wasn’t part of my job when I started working at the Global Fund to Figh...

www.theglobalfund.org

舞台「インヘリタンス」
40年以上続くエイズとの闘いと記憶の継承、3世代にわたるLGBTQコミュニティの人々を巡る愛情や尊厳を伝える作品を通じ、#プライド月間 の今、改めてエイズの歴史を考える時間を。

グローバルファンド日本委員会の伊藤もお話させていただきました。

Image for twitter card

エイズが変えたLGBTコミュニティー 舞台「インヘリタンス-継承-」が描く歴史:朝日新聞GLOBE+

...

globe.asahi.com

グローバルファンド、シエラレオネに1億3,600万米ドルの資金を供与 
ーHIV、結核、マラリアの感染症対策を加速化
✅ 妊婦HIV検査を増やす
✅ 結核患者の90%に治療を提供する
✅ 「長期残効蚊帳」の配布を拡充する
過去10年間、シエラレオネはHIV、結核、マラリアとの闘いで大きな進展を遂げてきた