FGFJの6つの活動領域

感染症への取り組みには、セクターを超えたグローバルな取り組みが求められます。グローバルファンド日本委員会では、日本と諸外国の議会関係者、政府、国際機関、研究者、NGO、財団、メディア、企業の皆様のご協力を得て、以下のような活動をしています。

より良い政策の形成に貢献する

グローバルファンド日本委員会では、三大感染症対策における日本の国際貢献の政策形成に資するよう、ハイレベルな国際政策対話や調査研究を実施しています。また、日本がグローバルファンドの生みの親にふさわしい額を拠出し、グローバルファンドを通じて日本の支援が途上国の人々に届くよう、働きかけをしています。 

国会議員の参画をサポートする

グローバルファンド日本委員会の元に、超党派の国会議員をメンバーとした議員タスクフォース(代表幹事:逢沢一郎衆議院議員、古川元久衆議院議員)が設けられています。国会議員の感染症問題に関する理解を深め、この分野で日本がより大きな役割を果たせるよう政策議論の促進を目的に、感染症分野のキーパーソンによるブリーフィング、感染症対策支援に関心を持つ他国の国会議員との政策対話、グローバルファンド支援プロジェクトの現地視察などを行っています。

NHK海外ネットワーク取材

メディアを通じて伝える

グローバルファンド日本委員会は、日本のメディアの皆様に対し、三大感染症やグローバルファンドに関する情報を提供しています。記事や番組を通じて、より多くの日本人に感染症という問題を身近に感じていただき、この分野で日本がより大きな国際的役割を果たせるよう、世論を作っていきたいと願っています。

企業とパートナーシップを築く

グローバルファンドは設立以来、企業セクターと積極的にパートナーシップを築いています。国境を越えて広がる感染症は、ビジネスを世界展開する企業にとって大きな課題であり、グローバルファンドとのパートナーシップは効果的・効率的に感染症対策に貢献し、健康な労働力や市場を確保する手段ともなっています。

市民社会と協働で政策を訴える

三大感染症対策のための官民連携基金であるグローバルファンドの設立には、世界のNGOや感染症の当事者団体など市民社会が大きな役割を果たしました。

公開イベントで多くの人に知ってもらう

感染症という難しいテーマを多くの人に身近に感じていただくため、グローバルファンド日本委員会では、写真展などのアートイベントやセミナー、レセプションなど公開イベントを随時行っています。ウェブサイトやFacebookでご案内しますので、ぜひご参加ください。