どんな病気?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、SARS-CoV-2ウイルスによって引き起こされる感染症です。このウイルスに感染した場合、多くの症例で発熱、頭痛、倦怠感や呼吸器症状(咽頭痛、鼻汁、鼻閉など)がみられます。ほとんどの人は特別な治療を必要とせずに回復しますが、なかには重症化し、医師の治療が必要になる人もいます。高齢者や心血管系疾患、糖尿病、慢性呼吸器疾患、癌などの基礎疾患を持つ人は、特に重症化するリスクが高いと考えられています。

 

どうやって感染するの?

感染者が咳、くしゃみ、会話などをしたとき、ウイルスが小さな液体の粒子となって口や鼻を介して体内に入ることで感染する可能性があります。これらの粒子は、大きな飛沫から小さなエアロゾル(注)まで様々です。 換気の悪い環境では、咳やくしゃみがなくても感染すると考えられます。

注:エアロゾルとは、気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子と周囲の気体の混合体のこと(日本エアロゾル学会

 

どうしたら防げるの?

感染を防ぐ最善の方法は、病気とウイルスの広がり方について十分な知識を持つことです。人と人との距離をとること(ソーシャルディスタンス)、正しいマスクの着用、頻繁な手洗いや消毒、十分な換気などを行い、自分自身と周囲の人を感染から守ることが大切です。また予防接種を受けるなど、行政の指導に従うことが大切です。

以上、国際保健機関(WHO)及び 厚生労働省のウェブサイトより転載・引用(2022年7月1日アクセス)

 

どのくらい広がっているの?

世界最初の症例が201912月に報告されて以降、新型コロナウイルス感染症の流行拡大はいまだ続いており、世界の累計感染者数は55000万を超え、死亡者数は630万人以上に及びます。日本国内における累計感染者数は940万、死亡者数は3万人を超えます。(ともにOur World in Data202275日アクセス)

 

参照サイト

·         新型コロナウイルス感染症の概要: WHO | 厚生労働省

·         世界の感染状況: Our World in Data

·         国内の発生状況: 厚生労働省