これまでの成果

グローバルファンドのパートナーシップによる支援により、2002年の設立から2021年末までに5000万の命が救われました。2002年以来、グローバルファンドが支援する国においては、エイズ、結核、マラリアによる合計死亡率は、半分以下に減少しています。

主要指標

グローバルファンドが支援するプログラムにより、2021年1年間で各感染症の主な指標において次のような成果を達成しました。

抗レトロウイルス治療を受けたHIV陽性者の数: 2330万人

HIV予防サービスを受けた人数:1250万人

HIV検査の件数:7080万件

結核の治療を受けた人数:530万人

薬剤耐性結核の治療を受けた人数:11万人

結核患者と接触があり、予防療法を受けた人の数:39万5000人

配布されたマラリア防除用の蚊帳の数:1億3300万張

マラリア検査数:2億8000万件

マラリア予防治療を受けた妊婦の数:1250万人

詳細は以下最新の成果報告書をご覧ください。
2022年成果報告書 Results Report 2022
フルレポート 英語
要旨 英語 | 日本語(準備中)