資金を集める・使う

資金の調達

2022年4月現在、G7諸国をはじめとする各国の政府、ビル&メリンダ・ゲイツ財団などの民間財団や個人からグローバルファンドに対する拠出額は、2001年からの累積で約581億ドルに上ります(うち、日本政府は、42億3880万ドルを拠出)。

主要ドナーと累計拠出額 (2021年5月現在) *2022年版データは近日更新予定

過去の増資における誓約額と拠出額、現在の増資における拠出額について、グローバルファンドのウェブサイトにてダウンロードいただけます。

資金の供与

グローバルファンドは現在、100以上の国・地域が自ら行う三大感染症の予防、治療、感染者支援、保健システムやコミュニティシステムの強化に、年間40億ドルの資金を供与しています。
支援の決定・承認についてはグローバルファンドの仕組みを参照。

 

[1] グローバルファンドによるこれまでの資金供与

[2] 途上国の三大感染症対策における国際支援に占めるグローバルファンドの割合(2020年)

[3] グローバルファンドの資金供与の詳細

 

(グローバルファンドのデータを元に作成)
グローバルファンド
とは