グローバルファンドの新型コロナ対応を取り上げたニュースレターを配信しました

  • 2020年4月6日(月)

この記事の掲載日 : 2020年04月10日(金) この記事のカテゴリー :



 

2020年4月6日に、グローバルファンドの新型コロナウイルス感染症対応を取り上げたニュースレターを配信しました。新興感染症として20世紀末の社会を揺るがし今も続くエイズ、太古の昔から長く続く再興感染症の結核とマラリアー新型コロナウイルス感染症とは異なる感染症のための基金が、その経験とリソースを費やして今回の危機の克服のために対策を進めています。ご一読ください。

Vol.1(2020年4月6日発行)

グローバルファンド:三大感染症の基金が、新型コロナウイルス感染症のためにできること

ヘッドライン

  • グローバルファンドの新型コロナウイルス感染症対応(4月3日現在)
  • 新型コロナウイルス感染症がエイズ、結核、マラリアに及ぼす影響
  • リーダーシップと世論の喚起

 


ニュースレター「新型コロナウイルス感染症:JCIE事業から見る国際協力の諸相」とは

日本国際交流センター(JCIE)は、新型コロナウイルス感染症の国際協力に関する電子ニュースレター「新型コロナウイルス感染症: JCIE事業から見る国際協力の諸相」の配信を開始しました。

JCIEは、民間外交のパイオニアとして、1970年の設立以来、外交・安全保障、民主化とガバナンス、グローバルヘルス(国際保健)、女性のエンパワメント、グローバル化と外国人財など、多角的なテーマに取り組んでいます。特に、グローバルヘルス事業では、日本の国際貢献強化を目指し、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ、三大感染症、アジア高齢化、医薬品・医療機器規制調和などの分野で政策対話や提言活動を実施してきました。新しい感染症の出現は世界を大きく揺るがし、保健医療はもとより、科学技術、国際政治・経済、人権問題など、国際関係のあらゆる側面に影響を与えています。新型コロナウイルス感染症の拡大を収束させるため私たちは世界とどう向き合うべきか、JCIEの諸事業を通じて見える国際協力の一端をお伝えしていきます。


本ニュースレター購読の新規登録はこちらから