結核とコロナの両方に感染した南アの若き女医が伝えたい「いま必要なこと」(「国境なき感染症 私たちの物語」Vol. 2)

  • 2020年12月10日(木)
  • 12:00

この記事の掲載日 : 2020年12月10日(木) この記事のカテゴリー : ,



グローバルファンド日本委員会(FGFJ)は、2020年11月から、朝日新聞ウェブメディア 朝日新聞GLOBE+とのコラボレーションで、インタビュー・シリーズ「国境なき感染症 私たちの物語」を開始しました。昔からずっと続く感染症の当事者や関係者が、コロナの時代に送るメッセージは何か。FGFJがこれまで世界で出逢ってきた、パワフルで魅力的な当事者や関係者にインタビューし、コロナの時代にこそ日本に伝えたい想いをお届けします。

国境なき感染症 私たちの物語:Vol. 2

結核とコロナの両方に感染した南アの若き女医が伝えたい「いま必要なこと」

「国境なき感染症 私たちの物語」の第2号は、2020年東京オリンピック聖火リレーのメンバーに選ばれた南アフリカの若手医師、ゾレーワ・シフンバさん。医学生だったころに結核に感染し、1年半に及ぶ過酷な治療を経験。回復して5年目の今年、医師として働く病院で今度は新型コロナに感染しました。世界に影響を与えられるようになったら医療従事者への支援を増やしたいと夢を持つ彼女は、コロナ収束のために世界が一つになって行動する必要があると訴えます。

゛新型コロナウイルスは、感染症を侮ってはいけないという現実を私たちにつきつけました。どんなに小さな行動でも、一人ひとりの行いが世界全体に影響を与える。感染症が猛威をふるい続けるのか、収束させることができるのかが決まるのです。”

 

英語版のインタビュー記事は下記よりご覧ください。

Surviving TB & COVID – What a South African Doctor Has to Tell the World (December 10, 2020)

 

本インタビュ・シリーズのバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

 

関連リンク