結核に関する国連総会ハイレベル会合に向けた記者ブリーフィングの開催

  • 2018年8月30日(木)

この記事の掲載日 : 2018年09月26日(水) この記事のカテゴリー : , ,



来る9月26日の結核に関する国連総会ハイレベル会合に向けて、当委員会はアフリカ日本協議会結核予防会ストップ結核パートナーシップ日本との共催で記者ブリーフィングを8月30日に開催いたしました。

 

プレス・ブリーフィングでは、同ハイレベル会合の準備にあたる外務省の担当者と、結核対策の現場に関わるNGOの専門家が、世界と日本における結核の最新動向、国内外の取り組みや現場からみた課題、国境を超えた地域アプローチの必要性について解説しました。また、中国から日本の大学に留学中に結核感染が判明し、困難な結核治療を乗り越えた元結核患者も登壇し、自身の経験を交えながら、結核の適切な診断および治療の重要性について話しました。

関連記事は以下をご覧ください。(全文を読むにはそれぞれの無料会員登録もしくは媒体の購読が必要です)

「結核に関する国連総会ハイレベル会合」に向けた記者ブリーフィング開催概要

日 時 2018年8月30日(木)15:00~16:30
会 場 日本記者クラブ 9階大会議室
共 催 日本国際交流センター/グローバルファンド日本委員会、アフリカ日本協議会、結核予防会、ストップ結核パートナーシップ日本
ブリーファー ・加藤 誠也 結核予防会結核研究所所長
・鷲見 学  外務省国際協力局国際保健政策室長
・葛 峰   学研株式会社代表取締社長
・沢田 貴志 神奈川県勤労者医療生活共同組合港町診療所所長