日本初の(RED)商品が誕生

この記事の掲載日 : 2015年05月28日(木) この記事のカテゴリー :


Share on LinkedIn

ando

(写真提供:amanasalto inc.)

グローバルファンドを通じてアフリカのエイズ対策を支援する寄付の仕組み (RED)に、日本を代表する建築家の安藤忠雄氏が参加することが発表されました。(RED)のブログを読む
日本から初の(RED)参加となります。

安藤氏は5月21日~24日にロンドンで開催されたPhoto London 国際写真展にて、自身が設計した建築を自ら撮影したポートフォリオ集『ANDO x ANDO - Photographs』の(RED)バージョンを10セット限定発売しました。この特別な(RED)バージョンのポートフォリオ集には、(RED)の共同発起人であるロックバンドU2のボノが、序文を寄稿しています。

(RED)バージョンのポートフォリオ集の売上の20%が、刊行元のアマナサルト株式会社からグローバルファンドに送られ、アフリカのエイズ対策の資金にあてられます。一冊の売り上げの寄付は、一人のHIV陽性者が必要とするエイズの治療薬19,000日(52年)分にあたります。

(RED)とは:

(PRODUCT)RED という共通ブランドの商品を開発・販売することで挙げた収益の一部をグローバルファンドに寄付することによって、アフリカのエイズ対策プログラムを支援する仕組み。ロックバンドU2のボノと、国際NGOであるDATAのボビー・シュライバーが発起人となり、 2006年1月26日、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムで発表されました。
(RED)和文詳細 | (RED)公式ウェブサイト(英文)