The Global Fund

グローバルファンドを語る

ジャカヤ・ムリショ・キクウェテ

第4代タンザニア連合共和国大統領

タンザニアの政治家で、現在、同国大統領(第4代、2005年12月21日 ~)

今保健への投資を止めてはいけない。グローバルファンドのような世界的な感染症対策へのコミットメントによってこの10年で得た成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。

この10年でグローバルファンドのような様々なヘルス・イニシアティブが誕生したことで、アフリカ大陸でも三大感染症対策に大きな成果を残すことができた。例えば2000年の時点ではART治療にアクセスできるHIV感染者はサブサハラアフリカでわずか5万人程度しかいなかった。それが2011年には600万人までに増えた。グローバルファンドがまだ存在しなかった80年代にはほとんどの人が現在の成果を想像すらできなかった。それが今現実となり、私たちは10年前に比べてより希望をもった楽観者になることができた。しかし今保健への投資を止めてはいけない。成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。この勢いを一度失えば、取り戻すのにまた大きな無駄金を払うことになる。保健への継続投資の舵取りのために日本が世界をリードすることを期待している。

メッセージソース : TICAD Ⅴ ハイレベル・パネル基調講演より

グローバルファンドを語る

グローバルファンドを語る

ジャカヤ・ムリショ・キクウェテ

第4代タンザニア連合共和国大統領

タンザニアの政治家で、現在、同国大統領(第4代、2005年12月21日 ~)

今保健への投資を止めてはいけない。グローバルファンドのような世界的な感染症対策へのコミットメントによってこの10年で得た成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。

この10年でグローバルファンドのような様々なヘルス・イニシアティブが誕生したことで、アフリカ大陸でも三大感染症対策に大きな成果を残すことができた。例えば2000年の時点ではART治療にアクセスできるHIV感染者はサブサハラアフリカでわずか5万人程度しかいなかった。それが2011年には600万人までに増えた。グローバルファンドがまだ存在しなかった80年代にはほとんどの人が現在の成果を想像すらできなかった。それが今現実となり、私たちは10年前に比べてより希望をもった楽観者になることができた。しかし今保健への投資を止めてはいけない。成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。この勢いを一度失えば、取り戻すのにまた大きな無駄金を払うことになる。保健への継続投資の舵取りのために日本が世界をリードすることを期待している。

メッセージソース : TICAD Ⅴ ハイレベル・パネル基調講演より

ジャカヤ・ムリショ・キクウェテ

第4代タンザニア連合共和国大統領

タンザニアの政治家で、現在、同国大統領(第4代、2005年12月21日 ~)

今保健への投資を止めてはいけない。グローバルファンドのような世界的な感染症対策へのコミットメントによってこの10年で得た成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。

この10年でグローバルファンドのような様々なヘルス・イニシアティブが誕生したことで、アフリカ大陸でも三大感染症対策に大きな成果を残すことができた。例えば2000年の時点ではART治療にアクセスできるHIV感染者はサブサハラアフリカでわずか5万人程度しかいなかった。それが2011年には600万人までに増えた。グローバルファンドがまだ存在しなかった80年代にはほとんどの人が現在の成果を想像すらできなかった。それが今現実となり、私たちは10年前に比べてより希望をもった楽観者になることができた。しかし今保健への投資を止めてはいけない。成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。この勢いを一度失えば、取り戻すのにまた大きな無駄金を払うことになる。保健への継続投資の舵取りのために日本が世界をリードすることを期待している。

メッセージソース : TICAD Ⅴ ハイレベル・パネル基調講演より

ジャカヤ・ムリショ・キクウェテ

第4代タンザニア連合共和国大統領

タンザニアの政治家で、現在、同国大統領(第4代、2005年12月21日 ~)

今保健への投資を止めてはいけない。グローバルファンドのような世界的な感染症対策へのコミットメントによってこの10年で得た成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。

この10年でグローバルファンドのような様々なヘルス・イニシアティブが誕生したことで、アフリカ大陸でも三大感染症対策に大きな成果を残すことができた。例えば2000年の時点ではART治療にアクセスできるHIV感染者はサブサハラアフリカでわずか5万人程度しかいなかった。それが2011年には600万人までに増えた。グローバルファンドがまだ存在しなかった80年代にはほとんどの人が現在の成果を想像すらできなかった。それが今現実となり、私たちは10年前に比べてより希望をもった楽観者になることができた。しかし今保健への投資を止めてはいけない。成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。この勢いを一度失えば、取り戻すのにまた大きな無駄金を払うことになる。保健への継続投資の舵取りのために日本が世界をリードすることを期待している。

メッセージソース : TICAD Ⅴ ハイレベル・パネル基調講演より

ジャカヤ・ムリショ・キクウェテ

第4代タンザニア連合共和国大統領

タンザニアの政治家で、現在、同国大統領(第4代、2005年12月21日 ~)

今保健への投資を止めてはいけない。グローバルファンドのような世界的な感染症対策へのコミットメントによってこの10年で得た成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。

この10年でグローバルファンドのような様々なヘルス・イニシアティブが誕生したことで、アフリカ大陸でも三大感染症対策に大きな成果を残すことができた。例えば2000年の時点ではART治療にアクセスできるHIV感染者はサブサハラアフリカでわずか5万人程度しかいなかった。それが2011年には600万人までに増えた。グローバルファンドがまだ存在しなかった80年代にはほとんどの人が現在の成果を想像すらできなかった。それが今現実となり、私たちは10年前に比べてより希望をもった楽観者になることができた。しかし今保健への投資を止めてはいけない。成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。この勢いを一度失えば、取り戻すのにまた大きな無駄金を払うことになる。保健への継続投資の舵取りのために日本が世界をリードすることを期待している。

メッセージソース : TICAD Ⅴ ハイレベル・パネル基調講演より

ジャカヤ・ムリショ・キクウェテ

第4代タンザニア連合共和国大統領

タンザニアの政治家で、現在、同国大統領(第4代、2005年12月21日 ~)

今保健への投資を止めてはいけない。グローバルファンドのような世界的な感染症対策へのコミットメントによってこの10年で得た成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。

この10年でグローバルファンドのような様々なヘルス・イニシアティブが誕生したことで、アフリカ大陸でも三大感染症対策に大きな成果を残すことができた。例えば2000年の時点ではART治療にアクセスできるHIV感染者はサブサハラアフリカでわずか5万人程度しかいなかった。それが2011年には600万人までに増えた。グローバルファンドがまだ存在しなかった80年代にはほとんどの人が現在の成果を想像すらできなかった。それが今現実となり、私たちは10年前に比べてより希望をもった楽観者になることができた。しかし今保健への投資を止めてはいけない。成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。この勢いを一度失えば、取り戻すのにまた大きな無駄金を払うことになる。保健への継続投資の舵取りのために日本が世界をリードすることを期待している。

メッセージソース : TICAD Ⅴ ハイレベル・パネル基調講演より

ジャカヤ・ムリショ・キクウェテ

第4代タンザニア連合共和国大統領

タンザニアの政治家で、現在、同国大統領(第4代、2005年12月21日 ~)

今保健への投資を止めてはいけない。グローバルファンドのような世界的な感染症対策へのコミットメントによってこの10年で得た成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。

この10年でグローバルファンドのような様々なヘルス・イニシアティブが誕生したことで、アフリカ大陸でも三大感染症対策に大きな成果を残すことができた。例えば2000年の時点ではART治療にアクセスできるHIV感染者はサブサハラアフリカでわずか5万人程度しかいなかった。それが2011年には600万人までに増えた。グローバルファンドがまだ存在しなかった80年代にはほとんどの人が現在の成果を想像すらできなかった。それが今現実となり、私たちは10年前に比べてより希望をもった楽観者になることができた。しかし今保健への投資を止めてはいけない。成果をより持続的に、強固なものにしなければならない。この勢いを一度失えば、取り戻すのにまた大きな無駄金を払うことになる。保健への継続投資の舵取りのために日本が世界をリードすることを期待している。

メッセージソース : TICAD Ⅴ ハイレベル・パネル基調講演より