FGFJの6つの活動領域

メディアを通じて伝える

グローバルファンド日本委員会は、日本のメディアの皆様に対し、三大感染症やグローバルファンドに関する情報を提供しています。記事や番組を通じて、より多くの日本人に感染症という問題を身近に感じていただき、この分野で日本がより大きな国際的役割を果たせるよう、世論を作っていきたいと願っています。

具体的には、グローバルファンド広報部との協力で、日本の報道各社にグローバルファンドの支援事業を取材していただくプレスツアーの実施、各社からの現地取材依頼への協力、インタビューのコーディネーションなどを行っています。日本のメディア単独では取材が難しい事業や地域、国際的な視点によるブリーフィングを含めることで、内容を掘り下げたタイムリーな報道がされるよう努めています。

NHK海外ネットワーク取材 ラ・ボエーム
南アフリカのオペラ団による「ラ・ボエーム」東京公演に関連し、NHKの取材陣による南アフリカ結核対策の現地取材に協力。南アフリカにおける結核の現状やグローバルファンドの支援を受けたケープタウンのNGOの活動が、NHKで放映されました。

プレスツアー_ベトナム
プレスツアーでベトナムの結核専門病院にて取材。アフリカ開発会議、G7/8サミットなど、国際保健協力がテーマとなる国際会議のタイミングにあわせ、朝日新聞、産経新聞、東京新聞、毎日新聞、読売新聞の各社から参加を得てプレスツアーを実施。カンボジアとベトナムで、グローバルファンドの支援事業を実地に取材していただく機会を提供しました。


掲載された記事