グローバルファンド日本委員会(FGFJ)とは

FGFJの概要

グローバルファンド日本委員会(FGFJ)

組織名 (和) グローバルファンド日本委員会 (FGFJ)
  (旧称: 世界基金支援日本委員会)

(英) Friends of the Global Fund, Japan (FGFJ)
発足 2004年3月
URL http://fgfj.jcie.or.jp
運営主体 (公財)日本国際交流センター
連絡先 〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目1番12号 明産溜池ビル 7F (公財)日本国際交流センター内
03-6277-7811(代) / FAX : 03-6277-6712
fgfj@jcie.or.jp ("@"を半角に変更してお送りください)

グローバルファンド日本委員会(FGFJ)は、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)を支援する日本の民間イニシアティブです。

エイズ、結核、マラリアと いう世界の三大感染症の克服のために日本がより大きな国際的役割を果たせるよう、政府、学界、市民社会、経済界などの有識者や、超党派の国会議員の参加を得て様々な取組みを行っています。国境を超える三大感染症の脅威とグローバルファンドの役割について理解を促進するとともに、感染症対策における日本の官民双方の国際貢献を促進するための政策対話、調査研究、意識啓発を行い、日本とグローバルファンドとの連携を促進しています。

2004年に日本国際交流センターのプログラムとして開始されました。

グローバルファンド日本委員会パンフレット

議員タスクフォース

グローバルファンド日本委員会の元に、超党派の国会議員をメンバーとした議員タスクフォースが設けられています。

詳しい内容を見る

アドバイザリー・ボード

共同議長
逢沢 一郎
衆議院議員
共同議長
古川 元久
衆議院議員
顧問
森 喜朗
元内閣総理大臣
ディレクター
大河原 昭夫
公益財団法人日本国際交流センター理事長
池田 千絵子
厚生労働省大臣官房総括審議官(国際保健担当)
稲場 雅紀
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会国際保健部門ディレクター、グローバルファンド理事会先進国NGO代表団理事メンバー(2004-2009)
岩本 愛吉
国立研究開発法人日本医療研究開発機構戦略推進部長
岡田 耕輔
公益財団法人結核予防会理事、国際部部長
尾身 茂
独立行政法人地域医療機能推進機構理事長、名誉世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局長
木原 正博
京都大学大学院医学研究科社会疫学分野教授
黒川 清
政策研究大学院大学名誉教授、特定非営利活動法人日本医療政策機構代表理事
樽井 正義
特定非営利活動法人AIDS&Society研究会議副代表、慶應義塾大学名誉教授
戸田 隆夫
独立行政法人国際協力機構上級審議役
西本 麗
住友化学株式会社代表取締役兼専務執行役員
平手 晴彦
武田薬品工業株式会社コーポレート・オフィサー
平野 克己
日本貿易振興機構理事
堀内 光子
公益財団法人アジア女性研究・交流センター理事長、前国際労働機関(ILO)駐日代表及びジェンダー特別アドバイザー
茂木 友三郎
キッコーマン株式会社取締役名誉会長・取締役会議長
元林 稔博
日本労働組合総連合会(連合)総合国際局長
森島 信幸
大塚製薬株式会社代表取締役副社長
山﨑 和之
外務省外務審議官
事務局長
伊藤 聡子
公益財団法人日本国際交流センター執行理事、チーフ・プログラム・オフィサー

グローバルファンドは、調達した資金は可能な限り感染症対策資金にあてるため、ジュネーブの事務局以外にオフィスを置いていません。その代りに、支援の対象国やドナー国内の組織、国連機関等とのパートナーシップで運営されています。日本と同様に、米国、欧州、豪州、アフリカ、中東、南アジアにも、委員会(フレンズ・オブ・ザ・グローバルファンド)が民間レベルで設立され、それぞれの地域でグローバルファンドの活動をサポートしています。いずれの委員会も、グローバルファンドからは独立して運営され、一切の資金提供を受けていません。